何故最初に鶯谷を選ぶのか?

あなたが地方の出身者なら、おそらく多くの男性が最初に行きたい東京の風俗に鶯谷を選ぶ理由が何となく理解できるかもしれません。なぜなら、ある程度東京を知ってからなら、おそらく鶯谷は選ばないであろうと思われるからです。
では何故最初に鶯谷を選んでしまうのでしょうか?それはあの独特の鶯谷の雰囲気こそが関連しているということが言えます。それでもやっぱりここにこそ、街の魅力というものが埋もれているということができると思われます。
突然、それがなくなってしまってもあなたは同じことを果たして、考えたでしょうか。またはいろいろな場面においてそれが持っている魅力を最大限に発揮するということができるなら、やっぱりそれを第一に考えなければなりません。
それはそうなのですが、一番の言葉はやっぱり風俗というものでなければなりません。それでも駅の近くには狭い路地をひしめき合うラブホテルがあります。もちろん、ラブホテルといってもラブホテルの本来の利用のされ方はほぼされていません。
つまり、それはカップル利用はほとんどなく、ホテヘル、デリヘル利用のみで大半が稼働しています。そもそも、カップルでこんないかがわしい街を歩くのにはちょっと抵抗があるという女性がそれは多いことではないかと思います。
uguisutani

鶯谷にある魅力的過ぎる風俗街

uguisutani東京都台東区、ここには上野があり、国内外からの多くの観光客に連日恵まれている街となっています。そして、そんな上野駅からほど近い場所にあるのが今回ご紹介する「鶯谷」という街です。鶯谷は今ではすっかりアンダーなイメージを持っています。
それは何故か?今更、言うまでもないかもしれませんが、鶯谷には楽しい風俗街がきちんと根付いているからです。この街に降りて歩いていると分かりますが、道幅が狭くその狭い街中に多くのラブホテルが並んでいることが分かります。
もちろん、安さで選ぶというのが定番です。しかし、鶯谷のラブホテルの質は本当にピンからキリまでという感じで、安いホテルにはとことんまでに汚くて、ちょっと使いづらいというホテルが多いのです。まあ、デリ嬢を呼ぶならいいのですが。
そして、まさにこのラブホテル街において珍しいのは、宿泊利用者は本当に少ないということです。だから、真夜中でも休憩の制度を持っているお店が多く、ここにこそ、鶯谷ならではの楽しい風俗街としての魅力が隠れているのが分かります
そして、この街において魅力的すぎるというのは、本来の風俗街とは全く違った女性とのプレイを楽しむことができるという点です。簡単に言うなら、日本人なら熟女、若い女性なら外国人というのがこの街のデリ嬢の相場なのです。

鶯谷は穴場な風俗店が多い

uguisu鶯谷は上野と日暮里の間に位置し江戸時代から昭和初期まで正岡子規が住んでいたところとして文人の街としても知られています。鶯谷駅北口には東京国立博物館や東京芸術大学があり学生が非常に多く、近隣にはおしゃれなカフェなども多数あります。歴史好きには堪らない博物館が多く存在しているエリアであり芸術や歴史文化に興味があったり子供達の学習の場としても利用されています。鶯谷の風俗は東京都内の中でも渋谷や新宿、池袋に匹敵する店舗数があります。以前より風俗の街として知られていてラブホテルが多く店舗スタイルはデリヘルがメインで高級店や格安店はもちろん素人系のお店が多いという特徴があり業界慣れしている女性ではなく初々しい女性とのプレイを楽しみたい方には人気のエリアです。鶯谷は人妻系の待ち合わせ系で有名になり韓国デリヘルの発祥地になりました。韓国デリヘルは関東の8割から9割ぐらいの店が鶯谷に集中しているといわれています。

鶯谷は二つの顔を持つ街

多くの文人が住んだことで知られている鶯谷は江戸時代に寛永寺の住職として京都から来た皇族の公弁が京都から鶯を取り寄せて根岸の里に鶯を放し鶯の名所になったことに由来するといわれています。上野・根岸・根津に渡って多くの寺院が残っており高層ビルや高層マンションは少ないです。とても小さな街というイメージの鶯谷ですが街の至る所にラブホテルがひしめきあっている一方で、東京国立博物館や横山大観記念館・黒田精輝記念館などの多くの資料や文献の残る施設も多いです。東京の中でも指折りの風俗街といわれる鶯谷ですがデリヘルの数は圧倒的で種類も多く、どんなマニアックな人でも満足できる店にたどりつけるでしょう。デリヘル以外にも鶯谷にはМ性感と呼ばれている店が多くあり、高級店や格安店はもちろん素人系のお店が多いという特徴があります。また鶯谷には予約しないと入れないくらいの美味しい焼肉屋さんがあるのでソープやデリヘルで遊んだ後に焼肉屋へ行くことも可能ですね。